NMNが乳がんの成長を防止する研究が発表されました!

乳がん患者に有効なNMN

この記事の結論

  1. NMNは乳がんの中でも最も悪性度の高いトリプルネガティブ乳がんの成長を阻害する
  2. NMNは乳がんのホルモン療法(注射薬「ゾラデックスR」または「リュープリンR」)後の癌マウスの生存率を大幅に改善する。
  3. NMNは若返り遺伝子(サートワン)を活性化することにより、肺組織への乳がんの転移を減少させる。
NMN9000
NMN9000

1.はじめに

乳がんは、世界中の女性に最も多く見られる種類のがんの 1 つです。近年、研究者は乳がんの予防と治療におけるニコチンアミドモノヌクレオチド (NMN) の可能性を調査しています。この記事は、NMNと乳がんの関係に関する現在の研究の概要を提供することを目的としています。

2.NMNとは何か、健康上の利点

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、私たちの体やブロッコリー等の食品に含まれる天然の化合物です。これは、細胞のエネルギー産生やその他の生物学的プロセスにおいて重要な役割を果たす分子である NAD+ (ニコチンアミド アデニン ジヌクレオチド) の前駆体です。
NMNの補給は、体内のNAD +レベルを上昇させることが示唆されており、今世界中で注目されている成分です。

NMNの主な健康上の利点の1つは、細胞のエネルギー生産を改善する可能性です。細胞はエネルギーを生産するときにNAD+を使いますが、加齢とともにNAD +レベルは自然に低下し、エネルギー生産と代謝機能の低下につながります。

NMNの補給は、マウスや豚などの動物実験でNAD+レベルを上昇させ、細胞のエネルギー生産を改善することが示されており、人間にも少しずつ世界中の研究者が実験を行い同様の利点があることを示唆しています。

NMN補給のもう1つの潜在的な利点は、健康的な老化をサポートする能力です. 研究によると、NMNの補給は認知機能を改善し、健康な血糖値を促進し、動物モデルの炎症を軽減する可能性があることが示されています.。
一部の研究者は、NMNが健康な細胞機能とDNA修復をサポートすることにより、癌や心血管疾患などの加齢に伴う疾患の予防にも役立つ可能性があると考えています。

NMNはまた、運動のパフォーマンスと回復を改善する可能性があります。動物研究では、NMNの補給が持久力を高め、運動による筋肉の損傷を軽減できることが示されています。また、健康的な血流と循環をサポートする可能性があり、運動のパフォーマンスと回復を助けることができます。

最後に、NMNは肌のアンチエイジング効果が期待されています。研究によると、NAD+レベルは年齢とともに低下し、皮膚の弾力性が低下し、しわが形成される可能性があります。
NMNの補給は、NAD+レベルを上昇させ、細胞の寿命を伸ばすことで健康な皮膚機能をサポートし、老化の外観を潜在的に減少させる可能性があります。

動物研究ではNMN補給の有望な結果が示されており、人間でも少しずつ同様の有望な結果が発表されてきています。今世界で注目されているサプリメントです。

3.乳がんの概要

乳がんの発見
乳がんの発見

乳がんは、乳房組織の細胞から発生するがんの一種です。男性も乳がんを発症する可能性がありますが、世界中の女性で最も一般的な種類のがんです。乳がんの概要には、さまざまなタイプ、危険因子、および治療オプションが含まれます。

乳がんの種類

乳がんには次のようないくつかの種類があります。

  1. 乳管癌:乳管から発生する最も一般的なタイプの乳癌です。
  2. 小葉がん:このタイプの乳がんは、乳房の乳腺から発生します。
  3. 炎症性乳癌:このまれではあるが攻撃的なタイプの乳癌で、乳房の発赤と腫れを引き起こします。
  4. トリプルネガティブ乳がん: このタイプの乳がんは、乳がん細胞に見られる最も一般的な 3 つの受容体を欠いています。

乳がんの全国データ

女性にとって恐ろしい病気である乳がんはここ数年で肺がんを上回りました。

がん罹患数の順位(2019年)

 1位2位3位4位5位 
総数大腸乳房前立腺大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸3位、直腸6位
男性前立腺大腸肝臓大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸4位、直腸5位
女性乳房大腸子宮大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸2位、直腸7位
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

2019年国立がん研究センターのデータを見ると乳がんが一番発症数が多い

部位別がん診断数
部位別がん診断数
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/cancer/14_breast.html

年齢別の乳がん死亡数は40歳を超えると一気に増加する

乳がんの年齢別死亡率
乳がんの年齢別死亡率
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/cancer/14_breast.html

乳がんの地域別発症数は東北が多い傾向にある

https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/cancer/14_breast.html

危険因子

乳がんを発症する可能性を高めるいくつかの危険因子があります。

  1. 年齢: 乳癌を発症するリスクは年齢とともに増加します。
  2. 家族歴: 乳がんの家族歴がある女性は、この病気を発症するリスクが高くなります。
  3. ホルモン要因:月経が早い女性や閉経が遅い女性、出産経験がない女性、または30歳以降に最初の子供を産んだ女性は、乳がんのリスクが高くなります。
  4. ライフスタイル要因: 過体重または肥満、飲酒、定期的な運動不足は、乳がんの発症リスクを高める可能性があります。

治療の選択肢

乳がんの治療の選択肢は、がんの種類と病期、および年齢、全体的な健康状態、個人的な好みなどのその他の個々の要因によって異なります。治療オプションには以下が含まれます

  1. 手術: 乳がんの最も一般的な治療法は手術です。これには、腫瘍と周囲の組織の一部、または乳房全体の切除が含まれる場合があります。
  2. 放射線療法: この治療法では、高エネルギー X 線またはその他の種類の放射線を使用して、がん細胞を殺します。
  3. 化学療法:この治療法では、薬物を使用して全身のがん細胞を殺します。
  4. ホルモン療法:この治療法は、乳がん細胞の増殖を促進するホルモンを遮断または除去します。

早期発見と予防の重要性

乳がんの早期発見と予防は、転帰を改善し、生存率を高めるために非常に重要です。女性は異常を早期に発見するために、定期的にマンモグラムと乳房検査を受ける必要があります。さらに、健康的な体重の維持、アルコール摂取の制限、定期的な運動などのライフスタイルの変化は、乳がんの発症リスクを軽減するのに役立ちます. 乳がんとその危険因子に関する教育と認識も、早期発見と予防のために重要です。

4.NMN と乳がんの研究

女性にとって恐ろしい病気である乳がんはここ数年で肺がんを上回り最も発症が高いがんとなりましたが、厄介なのは、症例の約 15% を占めるトリプルネガティブ型の乳がんが一般的な治療法で治療する事ができず、化学療法が唯一の選択肢の 1 つとなっていることです
このような状況により、トリプル ネガティブ型の乳がんを治療するためのより安全で効果的な方法が必要になっています。

中国のMITと呼ばれる清華大学のLuo教授と研究者はNMNがマウスのトリプルネガティブ型の乳がん腫瘍の成長を防止したことを発表しました。

5.NMNが乳がんの成長を止めた実験

NMNは乳がんの進行と転移を防止する
NMNは乳がんの進行と転移を防止する

清華大学の研究者は免疫不全マウスに人のトリプルネガティブ型乳がんの細胞を注射し、乳がんマウスを2体造りました。そして一日に500 mg/kgの用量の NMN を投与しながら腫瘍の体積を測定しました。

するとNMN を投与されていない乳がんマウスと比較して、乳がんの大きさを10% 以上減少させました。さらに、NMNは腫瘍の成長と肺組織への広がりを半減させました。これらの発見は、NMNが乳がん腫瘍の成長を大幅に遅らせ、他の組織への転移を大幅に制限することを裏付けています。

6.NMNで寿命が15%伸びた

NMNを摂取すると乳がんのによる生存確率を伸ばす
NMNを摂取すると乳がんのによる生存確率を伸ばす

さらに研究を重ね、乳がんのマウス20匹と乳がん+NMNマウス18匹で実験したところ未治療のマウスに比べNMNを摂取したマウスは平均で15%寿命が延びたことを発見しました。

NMN前駆体によってニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)レベルが上昇すると、長寿促進タンパク質サーチュイン1が活性化され、DNAが修復され、活性酸素種と呼ばれる細胞内の有害な分子が排除されます。この理由から、中国を拠点とする研究チームは、NMNの抗がん効果は若返り遺伝子(sirt1)活性化に由来すると提案しました。

NMNの抗がん特性は投与量に依存する

清華大学の研究者は250mg/kg/日の低用量を使用した別の研究では、NMNは腫瘍の成長に影響を与得なかったことを発表しました。

これは、NMNがその抗がん効果を最大限に発揮するには、この研究で使用されたような高用量が必要になる可能性があることを意味します。

NMNのリスクや危険性についての発表は今のところありません。一日どれくらいの量のNMNを摂取すればよいかまだまだ研究段階ですがワシントン大学教授の意見がありますので参考にして下さい。

まとめ

いかがでしょうか、NMNががんに有効な研究は以前にも紹介させて頂きましたが今回は女性に心配な乳がんについて解説しました。NMNは乳がんの進行と肺への転移を防ぎ、寿命を伸ばすことが分かりました。

NMNは今世紀最大の発見と言われ、世界中の研究者がNMNのレポートを出しています。NMNは近い未来全世界の人が日常的に摂取するサプリメントになると言われています。

アンフィニのNMNは完全国内製造純度99.7%のおすすめできるサプリメントです。

純潔のNMN9000は下の画像をクリック

NMN9000
NMN9000

参考文献

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36690678/
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/cancer/14_breast.html

この記事の監修者